うどんの本場、四国は讃岐(香川県)丸亀の地にて修行をした先代が
いただいた名前が「金比羅うどん」でした。

先代の社長は日田で梨農園の経営をしていました。
一途な人で心をこめて、ただひたすら梨を作り 現 夜明本店の土地で売っていました。お客様よりただ一言「甘くて美味しい」といわれる事が何よりの喜びとしていました。

こうしたお客さんをもっと喜んでもらいたいと思い考えたのが「うどん」です。
そこで讃岐うどんの本場、四国香川県丸亀で修行し「金比羅うどん」という命名をいただきました。
水郷日田の澄みとざされた水・オリジナルの地粉・地元の味に合わせたスープを作り現在の『金比羅うどん』がうまれました。

日田市は大分県の西部に位置し恵まれた豊かな自然に囲まれた小さな街です。
古くから農林業、そして観光で栄えた水と緑と歴史の街です。一度訪れて、そして日田名物『金比羅うどん』をぜひご賞味ください。

水にこだわる

金比羅うどんで使われる水は水郷日田の地下水です。

麺の仕込み・洗い・出汁づくりまで、すべてに地下水を利用しています。

天然のミネラルを含んだ美味しい水がうどんを一層美味しくさせます。

麺の仕込みにこだわる

現在では多くのうどん店で製麺機をつかってますが、

金比羅うどんは昔ながらの手打ちを続けています。

それは、製麺だけでなく麺の切り分けも全て手作業をつづけています。

金比羅うどんの麺がちょっと不揃いなのは全て手仕事の証です。

おだしの素材にこだわる

金比羅うどんでは創業以来、おだしの素材を変えていません。

昆布は北海道の利尻昆布

鰹節は枕崎の一級品の鰹節

金比羅うどんの美味しさは小さなこだわりの積み重ねなのです。